ページトップへ戻る

せいぼとは?

せいぼは、日本を拠点として給食支援プロジェクトを国際的に実施するNGOです。
私達は、世界中の貧困を改善するための架け橋になることを活動目的としています。

せいぼの活動

せいぼは、学校給食プロジェクトを対象となっている現地の共同体と協力して実施しています。
学校給食は、教育、健康、男女平等の促進、食糧保障そして貧困削減など、多方面の利点があります。

学校給食の持つ力

学校が給食を提供できれば、最貧国に住む両親は、自分たちの子どもが温かい給食を食べられるように学校へ送り、その結果、授業を受けることができるようになります。給食を通して学校教育を促進することで、次の世代を担う子ども達を育て、国の将来を支えることに繋がります。 学校教育は、世界中すべての子ども達へ平等に与えられるべきものです。学校給食は、そのための大きな第一歩となり、子どもたちの将来を切り開くことに繋がります。

世界は、全人口を支えることができる食糧を生産しています。それにもかからわらず、世界で8億1千百万人の人々が飢餓で苦しんでおり、1億5千5百万人の子どもたちが栄養失調で苦しんでいます。(WFP”How close are we to #ZeroHunger?”より)こうした世界の状況、特に子どもたちの姿に目を向けることで、少しでも自分の日々の生活に変化を与えることが大事だと思います。

私達は、大きな組織を動かすことを必ずしも意識しているわけではありません。しかし、個人として寄付をするとき、世の中の貧困、飢餓などの問題を主体的に考え、自らが起こした行動となります。それを通じて、私達自身も成長することができるでしょう。

せいぼへのご支援

せいぼは、チャリティ団体で、皆様からの寄付は、学校給食を必要とする地域に直接送られます。 資金調達活動は、日本を中心に行っています。日本は、東日本大震災などで多くの支援を受けましたが、同時に様々な形で、世界に支援を展開している国でもあります。そうした受ける側、与える側の両方の経験が強い日本で、チャリティの活動を行うことに、深い意味があると考えています。チャリティ活動は皆様のご協力で成り立っていきます。せいぼは、ソーシャルエンタープライズ(社会貢献型ビジネス)の形態を通して、より多くの人々の心へ働きかけ、より高い目標を達成できると信じて活動をしています。

せいぼを支援くださる企業は、支援先の共同体が寄付金を有意義に利用していくことを条件に、チャリティ活動の経費などをを負担してくださっています。せいぼは、その見返りとして日本で受け取った寄付金の90パーセント以上を、学校給食が必要な地域へ送り届けます。このことで、支援企業、受け皿となるマラウイ、そして私たちにとっても最も好循環が生み出されます。しかし、その中でも重要なのが、皆様のご協力となります。

与えるということは、単なる寄付ではなく、
世界を変えること

せいぼをご支援くださることにより、若い命を学校給食と教育によって育てることができます。せいぼの給食活動は、マラウイの学校で給食を調理する何百人ものボランティア、日本をはじめ世界各国からの寄付によって
支えられています。

皆様のご支援は、規模の大小を問わず受付させて頂きます。援助を必要とする人々に、関心を向けて頂ければと思います。

「国の政情がどういう状態であっても、子どもは子ども。子どもがお腹をすかしていれば、複雑な外交など不要です。それはいたって簡単なことです。人間が人間としてあり続けたいなら、助けの手を伸ばすことが大切です。」

オードリー・ヘップバーン (彼女は、第二次世界大戦中に学校給食支援を受けた経験がある。)

より詳しい情報はこちら

・当ウェブサイトのトップページにある、せいぼニュースレターの定期受信登録をお願いします。
・せいぼのフェイスブックページに「いいね」をお願いします。
https://www.facebook.com/seibojapan/

ご支援の方法

・お時間がある時にボランティアとして働いていただく(活動内容についてはお問い合わせください。)
・寄付をしていただく
・せいぼのスタッフを講演に招いていただく(公演実績、内容などの詳細は、是非お問合わせください。)

Who We Are?

Seibo is an International School Feeding NGO headquartered in Japan that aims to be at the forefront of a global movement that will impact our world forever.

What We Do?

We implement school feeding & provide school meals in partnership with local communities. School feeding carries many benefits- education, nutrition and health, gender equality, food security, poverty alleviation- in one single meal.

Imagine the Impact

Imagine our world if every hungry child in it were to receive a meal at school. It would mean that girls from the poorest homes would be sent to school for a hot meal & receive an education. Educating girls means that you educate the next generation. Consider the impact education has had on you and think of the sheer justice implicit in ensuring the same future for all children. We can’t help everyone but everyone can help someone. Let’s not wait.

What Now?

Our world produces more than enough food to feed everyone. Yet, 815 million people worldwide suffer from hunger, and 155 million children are malnourished. (WFP “How close are we to #ZeroHunger?”)If nobody takes responsibility for this, the problem will not go away. We know about injustices in our world but knowing doesn’t always translate into compassion. If we really want to make a difference we all need to be involved- personally. Your taxes make a difference but they don’t challenge you to change the way you think, the way you live. We need to change that. Remember we make a living by what we get but we make a life by what we give!

Be Part of Seibo

Seibo is a charity. If we receive a donation we send it direct to areas of need to provide school meals. Our fundraising activities are centred in Japan – a country with the unique experience of being both an aid recipient and an aid donor.

As a charity in Japan we face unique challenges also.
We believe we can achieve more and reach more hearts by means of fundraising through social enterprise- by doing charity by doing business. Our corporate donors have agreed to underwrite our social enterprise costs as long as we can prove we are multiplying the value of the donation. In return we commit to sending a minimum of 90% of all individual donations received in Japan to areas of need for school feeding. It’s a win-win formula but it needs your involvement to work.

Giving is not only about making a donation.
It’s about making a difference.

Every contribution to Seibo is valued and helps save young lives and transforms these lives through a school meal & education. Seibo supporters include hundreds of volunteer-cooks in Malawi as well as donors in Japan and around the world. Your contribution- no matter big or small is welcome. But let us not be indifferent to those in need.

“A child is a child in any country whatever the politics…there is no complicated diplomacy when a child is starving. It’s simple. And we better do something about it for our sakes too. That is if we want to continue to call ourselves human.” ~ a recipient of school feeding during World War 2 -Audrey Hepburn.

Learn More

– Sign-up on our Top Page to receive a regular Seibo newsletter
– Like our Facebook Page –https://www.facebook.com/seibojapan/

Help Now

– Volunteer Your Time
– Make a Donation
– Invite Seibo to Make a Presentation

  • 募金する
  • 企業・団体の皆様
  • お問い合わせ