ページトップへ戻る

せいぼじゃぱんからのお知らせ
せいぼじゃぱんからのお知らせ
Cyclone Idai-Updates
Date:2019.07.08



拡大したサイクロンの被害
すでにお伝えをさせて頂いたように、2019年3月14日、
モザンビークはサイクロンIdaiの被害に遭い、
マラウイ南部も、被害がありました。
さらに、その後4月25日には、Kennethと名付けられたサイクロンが、
再び猛威を振るいました。

被害としては、モザンビーク、マラウイ、ジンバブエを含め、
約300万人に及びました。
死者は、約843人に及んでいます。
サイクロンIdaiの被害は、南半球で過去最大のものとなっており、
ワールドビジョンのデータによれば、少なくても150万人の子どもたちが、
各国で被害を受けたとのことです。
地区で考えると、約15地区、そして2つの都市が甚大な被害を受け、
モザンビークからは多くの人々が移動を余儀なくされました。

マラウイの状態
2019年3月の時点で、59人の人々が死亡しているとの情報があり、
政府はすでに緊急勧告をしています。
約4億ドルもの資金が、この災害から回復するためには必要と
推測がされている状態です。
この資金は、保険衛生、インフラの整備など、
様々な分野からの意見を集約した結果となっています。
包括的な取り組みが、今後必要になってきます。

せいぼの取り組み
せいぼも、サイクロンの被害にあった家族の子供たちに対して、
給食支援をしています。
そのため、現在の寄付が特別に該当の子供たちがいる共同体に対しては、
インフラの整備などに対しても使用されています。
詳しくは、こちらもご覧いただければと思います。

これからもご支援のほど、どうぞよろしくお願いします。



On March 14 through 15, 2019, Cyclone Idai arrived in Mozambique as a Category 2 storm. Not long after, Cyclone Kenneth came on April 25, devastating even more lands. The floodings in South Africa have affected nearly 3 million people in Mozambique, Malawi, and Zimbabwe. The death toll has already past 843 people. Idai has been recorded as the strongest cyclone to have occurred in the Southern Hemisphere and the UNICEF estimates that at least 1.5 million children are affected (World Vision). At least 15 districts and two cities have been impacted, and many are forced to seek safety from Mozambique in Nsanje district in southern Malawi (UNHCR).

The government of Malawi has declared a state of national disaster and already, 59 people have been reported dead as of March 23, 2019. Estimates say that Malawi needs around 370.5 million USD in order to recover from the cyclone, and the social sector will take part in the majority of recovering costs (53.8%). This includes health, education, and housing. There are currently relief operations aimed to help distribute food, clean water, shelter, and more (Malawi24).

The World Bank has approved 70 bill USD (K51 billion) grant to help Malawi. The funding consists of two grants for economic and humanitarian costs. The first grant consists of $40 million USD (K31 billion) for Cyclone Idai’s impact and the second grant, consisting of $30 million (K23 billion) will be for future crises within three years of signing the grant (The Nation).

Through the help of donations and fundings, more than 90,000 people are benefiting from shelter materials. Food, clothing for children, and household items are being distributed across Malawi. Nine hospitals have received water treatment chemicals and one child-friendly space has been set up where 300 children have the opportunity to play and recover safely.

Seibo Japan has started post-Cyclone Idai Appeal 2019. All of the donations will go to Malawi, and will be used to provide Malawian children with hot, free school meals and help to rebuild the infrastructure. Check out more information about our appeal and donation here:

This article was written by Jioh and Lena, Seibo Japan’s intern from South Korea and Texas.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう